美容院にこだわる女性心理

美容院にこだわる女性心理

男性の場合でも掛かり付けの床屋を決めている方は多いのですが、女性の美容院に対するこだわりほどは強くはありません。

 

長引く日本経済の不景気感とデフレ現象が相まっておりので、女性達も美容関係に費やす金額を減らそうと努力します。

 

しかし、女性にとっての美容院は単にヘアスタイルと金銭のだけの問題ではないのです。

 

 

 

女性にとっての美容院の存在は、フェイシャルや美容を含めた精神的なケアの場でもあったりするのです。 

 

仕事や家事、育児などの疲労から一瞬でも開放してくれる時間でもあり、スキンケアや髪のダメージ、白髪染め・・・などと様々な面で相談できる美容師の存在が重要なのです。

 

 

 

ですから、親しくなって何でも相談できる美容師が決まると、一般的に女性は美容院を変えずに同じ美容師のところへ長期にわたって通います。
女性の中には若い10代の時から80代までの70年間以上も同じ美容院に通っている方もいます。
そのような女性心理がありますので、女性にとって決っている美容院を変えることはかなり思い切った決断をしていることになります。
それでも美容院を変更する場合がありますが、その理由には「長年の美容師が退職した。」ことや「別の地域に引越しした。」「経済的に厳しい状態になった。」などが考えられます。

 

 

 

理由は様々ですが女性にとって美容院を返る事は相当に大きな問題である事は確かなようです。
美容院を変更して成功する場合もありますが、女性にとっては期待感と不安が交錯する重要事項なのです。