自分の意見をしっかり伝える

自分の意見をしっかり伝える

美容室に行き、美容師さんに髪を切ってもらうために、自分はこういう髪形になりたい・・と雑誌の切り抜きなどを持参して行ったりしますよね。それを見て、美容師さんが雰囲気や希望するスタイルをイメージし、カット、またパーマやカラーを行います。髪の毛を切るということは、女性にとって大きなことです。

 

 

 

人はほとんど気がつくことがなくても、たった5mm程度切るというだけでも、髪の毛を伸ばしていれば短くなった・・・なんて感じてしまうことがあるし、他から見たら全然素敵なのに、本人はどうしても気にいらないということもあります。

 

 

 

髪の毛に対するイメージというのは人それぞれなんですよね。でも美容師さんカットやパーマをしてもらい、いかがですか?と見せられた時、「前髪が思ったよりも長い・・」とか「襟足がもっと短くていいのに」と思っても、言い出せない方が多いです。

 

神楽坂 美容室ならココ!

 

美容師さんがイメージするものと、自分がイメージするものというのは、たとえ雑誌の切り抜きがあったとしても、全く同じに思うことはありません。多少なりとも、イメージの相違というものがあります。

 

 

 

そんなときには、やはり、「前髪をもう少し切ってください」「襟足の方、もう少し薄くしてくれますか?」としっかり意見を言いましょう。家に帰ってから後悔するよりも、今!話をした方がいいのですよ。