個人店かチェーン店か

個人店かチェーン店か

美容院には全国展開とまではいかないにしても、何店舗も支店をもっているようなところもあります。逆に一店舗だけで経営しているところもありますが、どちらにいけばいいのかと訊かれることがあります。それはどちらがいいかわからないというのが正直な感想です。

 

両方にいい部分と悪い部分があります。今回はそういった事を書いていきましょう。小規模の店舗の場合ですが、人が少ないのですぐに髪を切ってもらうとはいかないことがあります。個人店といってもピンキリで、店の設備や衛生面がきちんとしているところから、設備も古く不衛生で態度の悪いところまでいろいろです。

 

逆にいい部分は顔を覚えてもらい、自分のしてほしいことが相手に伝わるまでに時間があまりかからないところですね。美容師さんが多いところですと、店のなかから好きな美容師さんを選べる可能性があります。

 

それにすぐなくならない、倒産の恐れが少ないといったところも魅力です。店がなくなってしまえば美容師さんとの信頼関係も、意味がなくなってしまいます。ただチェーン店の方針で美容師さんがいろいろな支店へいったり、来たりと人の流れが激しいところもあります。どちらもいろいろな個人店、チェーン店がありますが、ネットなどで情報収集をしましょう。

 

チェーン店の方はマニュアル化されたサービスが多いと思うので、サービスの質が一定でありがたいこともあれば、融通がきかないところもあります。個人店はその逆だといっていいでしょう。店によってやり方が違いますから、勤めてみないとわからないこともありますが。